--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.2321:29

「早慶レガッタ」でボート転覆 けが人なし (産経新聞)

 18日午後2時10分ごろ、東京都台東区蔵前の隅田川で、「第79回早慶レガッタ」に出場していた慶応大のボートが転覆、選手9人が川に投げ出された。9人は間もなく警視庁東京湾岸署の警備艇に救助され、けがはなかった。

 同署の調べによると、ボートは最終13レースに向けて待機中だったが、審判団らを乗せた小型船の波のあおりで、バランスを崩したという。

 レースは、開始時間を遅らせて続けられた。

【関連記事】
英国テムズ川「ザ・ボートレース」 25万人大声援 春告げる伝統の戦い
早慶レガッタ 慶大4年ぶり勝利
勝利の女神にごあいさつ
ボート日本代表を継続強化 ロンドン五輪へ一貫指導
西武逆転CSは帆足にお任せ! 無四球完封8勝
外国人地方参政権問題に一石

「無過失補償制度」や「介護環境整備」盛り込む-民主マニフェスト素案(医療介護CBニュース)
<訃報>佐田登志夫さん84歳=東京大名誉教授(毎日新聞)
GW連続休暇、平均5・4日…昨年より短め(読売新聞)
<火山噴火>ミラノ便が出発 成田(毎日新聞)
山崎さんシャトル帰還=日本人最後、一時代に幕-米ケネディ宇宙センター(時事通信)
2010.04.2105:10

八ッ場ダムPR施設、中止宣言で来館者4・6倍(読売新聞)

 八ッ場ダムの広報施設「やんば館」(群馬県長野原町)の2009年度の来館者数が、前年度(2万4647人)の約4・6倍の11万3294人に達し、1999年4月の開館以来最高を記録していたことが、国土交通省八ッ場ダム工事事務所のまとめでわかった。

 これまで、年間来館者が最も多かったのは03年度の2万6689人。09年度は、政権交代直後に前原国交相がダム建設中止宣言をした昨年9月から急速に来館者が増え、11月は前年同月比約10・5倍の2万9820人が訪れている。

 ただ、川原湯温泉街など、地元が潤っている訳ではないという。同温泉観光協会の樋田省三会長は「不景気だから、(観光客は)地域の旅館や飲食店を利用していない。むしろ年々悪くなっている」と話した。

中国公安省幹部が来日へ=ギョーザ事件で情報交換-警察庁(時事通信)
<朝倉市長選>前県議の森田氏が初当選 福岡(毎日新聞)
発見化石は新属のクジラ=進化解明に期待-群馬(時事通信)
高齢者虐待、防止に加え「対応」手順書も作成―栃木県(医療介護CBニュース)
留置者名記載の文書落とす=廃棄せず、駅改札で-兵庫県警(時事通信)
2010.04.1704:00

ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)

 埼玉県警少年捜査課や警視庁などの合同捜査班は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純製造など)の疑いで、川崎市中原区中丸子、ウェブデザイナー、小林葉介被告(29)=同罪で起訴=と少年3人を逮捕した。

 県警少年捜査課によると、小林容疑者らは5年ほど前からインターネット上に日英中3カ国語で男児ポルノ専門サイトを開設。小学生から高校生までの男児50人以上をポルノの被写体として募集し、神奈川県内のホテルなどで撮影。DVDを1枚1万3000円~3万2000円で国内の愛好者約1500人に販売していた。同課では、同容疑者らには計約5700万円の売り上げがあったとみて捜査を進めている。

 男児ポルノを専門に製造・販売するサイトの摘発は、全国初。

 同課によると、小林容疑者は「カネを稼ぐためにやった。少年愛は崇高な世界で広めたいと思った」と供述しているという。

 サイトには男児向けに「短期間でたくさん稼げるモデルをやってみませんか」「やる気と夢をかなえたい子はぜひ」といった勧誘の言葉を並べていた。

 小林容疑者らの逮捕容疑は昨年12月、神奈川県内のホテルで、東京都内の中学2年生の男子生徒(13)に1万2千円を渡し、わいせつ行為を撮影するなどした疑い。

 ほかに逮捕されたのは、横浜市の私立大学1年生(19)、東京都足立区の大学1年生(19)、千葉市の会社員(19)の少年3人。少年捜査課では、都内に住む別の都立高校3年の少年(18)もかかわっていた疑いがあるとみて調べている。

【関連記事】
衝撃告白!篠山紀信お願いに原紗央莉「断れなかった」
「他の愛好家にも…」と男児の裸写真公開 専門学校生を逮捕 
グーグルの逆襲! 中国語サイトでタブー画像が検索可能に
日本製「エロ画」所持で有罪判決! カナダ人の双子青年
「疑似児童ポルノ」を全国初摘発 頒布容疑で写真家らを逮捕

<放火>銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形(毎日新聞)
「米兵裁判権を放棄」日米の秘密合意明らかに(読売新聞)
郵便局強盗で8日に再逮捕=DNA型一致、都内の男-京都府警(時事通信)
<バス追突>日本人観光客数人けが オーストリア(毎日新聞)
張り紙はがしで免職は違法=阿久根市処分取り消し-裁量権を乱用と認定・鹿児島地裁(時事通信)
2010.04.1212:10

名張毒ぶどう酒事件 差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)

 「一日も早く再審をしてもらい、冤罪(えんざい)を晴らしたい」。名張毒ぶどう酒事件の第7次再審請求に対し、最高裁が名古屋高裁への「差し戻し」を決定したことについて、奥西勝死刑囚(84)は6日、穏やかな表情でそう語ったという。半世紀近くにわたって揺れ続けた司法判断。桜の満開を伝えられた奥西死刑囚の胸の内にこの日、わずかな光が再び差し込んだ。【秋山信一、中村かさね、沢田勇、高木香奈】

 最高裁決定を受け、弁護団の小林修(57)、鬼頭治雄(38)両弁護士が午後2時半から30分間、名古屋拘置所で奥西死刑囚と面会。奥西死刑囚は入浴後、青色のセーターと灰色のズボン姿で現れた。審理差し戻しを伝えられてもよく理解できない様子で、弁護士が再審請求の流れを図解して死刑の執行停止を説明し、「勝ったんですよ」と伝えると、「よかった、よかった」と喜んだ。

 差し戻し決定は4月5日付。くしくも05年に名古屋高裁で再審開始決定が出たのと同じ日付だった。弁護士が「同じ日ですね」と話すと、奥西死刑囚は「ああそうですね」とにこにこしたという。

 特別面会人の稲生(いのう)昌三さん(71)も6日、拘置所で奥西死刑囚と面会した。稲生さんは人権団体に所属し、11年前から奥西死刑囚を支援してきた。再審開始決定時にも面会しており、5年前と同様、この日も桜が満開だと伝えると、奥西死刑囚は「希望が持てる。私も頑張る」と話した。

 奥西死刑囚は69年に高裁で逆転死刑判決を受けて以来、05年の高裁の再審開始決定で死刑執行を停止された一時期を除き、常に死刑の恐怖と闘ってきた。03年には胃がんの摘出手術も受けている。以前、稲生さんに「拘置所の休庁日以外、死刑執行がある午前中は恐怖と苦悩の時間」と漏らした。昼食の配給が唯一ホッとできる時間といい、夜、布団の中に入ると「このまま夜が明けてくれなければいいのに」と弱音を吐いた時もあるという。

 この日、稲生さんが「アクリル板の向こう側でなくて、壁の外で『奥西さん良かったね』と言える日が必ず来るから頑張ろう」と告げると、奥西死刑囚は「うん、うん」とうなずいた。

【関連ニュース】
名張毒ぶどう酒事件:84歳の奥西死刑囚「後がない」
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性…最高裁が差し戻し
名張毒ぶどう酒事件
名張毒ぶどう酒事件:再審の可能性 84歳「後がない」 奥西死刑囚、確定から38年
名張毒ぶどう酒事件:早急な再審開始訴え 奥西死刑囚の弁護団、名張で学習会 /三重

将棋 羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局(毎日新聞)
<弁護士バー>東京・渋谷に開店へ 接客で法律相談はせず(毎日新聞)
与謝野元財務相 離党届を提出 新党結成へ動き活発化(毎日新聞)
<アムネスティ>中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)
地下鉄御堂筋線に男性転落、遅れ(産経新聞)
2010.04.0700:40

シー・シェパード元船長起訴 海保「経験ない神経戦」(産経新聞)

 □侵入時、第2昭南丸の船長逮捕主張

 東京港での逮捕から3週間。シー・シェパード(SS)の元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(44)が2日、傷害などの罪で起訴された。日本の捜査機関として初めてSSメンバーを逮捕した海上保安庁は「経験がない神経戦だった」と振り返るが、日本で裁かれることは織り込み済みだったベスーン被告は一貫して“自然体”だったという。起訴でひとつの区切りを迎える一方、捕鯨関係者らからは妨害行為を阻止するための法整備を求める声が改めてあがった。

 ■「傷害罪は当然」

 「艦船侵入だけでなく傷害も当然あり得ると思っていた。けじめだけはきちっとつけていくべきだ」

 ベスーン被告の起訴が迫った2日朝。赤松広隆農林水産相は閣議後の会見で、調査捕鯨に関する考え方の違いと、犯罪行為は厳密に分けて考えるべきだと指摘し、妨害行為での立件は妥当だとの見解を示した。

 日本鯨類研究所の関係者も「傷害罪での起訴は当たり前」と強調する。調査捕鯨船の乗組員らが実際に負傷しているためだ。関係者は「これで艦船侵入罪だけの起訴なら、裁判で宣伝機会を与えるだけのみじめな結果になるところだった」と胸をなで下ろした。

 ■日本語でお礼も

 過激な行為を繰り返してきたSS。ところが、勾留中のベスーン被告は一貫して落ち着いた様子だったという。

 東京海上保安部の留置施設でも初日からよく眠り、ほかの容疑者と同じ食事をとった。「おにぎりもコッペパンも肉も何でも残さず、特別なメニューを要求することもなかった」(海保関係者)。食事を平らげた後、海保職員に「おいしかった。ありがとう」と、日本語で“お礼”を言う一幕もあったという。

 ベスーン被告は不法侵入した際、第2昭南丸の進路を妨害して接触、大破した抗議船「アディ・ギル号」の乗組員に対する殺人未遂容疑などで、「第2昭南丸の船長を逮捕する」と主張していたことも捜査で判明した。

 艦船侵入の動機としては荒唐無稽(こうとうむけい)にみえる主張に、捜査関係者は当初、困惑したが、その後の調べで、ベスーン被告が、豪州刑事法に定められる「私人逮捕」権を根拠にしていたことが分かった。

 捜査関係者は「単に船に乗り込んで妨害するだけでなく、法的な根拠に基づいた行動を取っていることを強調して、正当性を示そうとした」とみている。

 ■早期に法整備を

 傷害や威力業務妨害など妨害行為そのものの立件にこぎつけた意義は大きいが、今後の抑止効果には懐疑的な見方も多い。

 日本鯨類研究所の関係者は「活動拠点となっている豪州にSSの活動を抑制させない限り、妨害はやまない。日本政府の毅然(きぜん)とした対応が必要だ」と話す。

 水産行政に詳しいジャーナリストの梅崎義人さんは「報道されて絵になる派手な活動をしなければ寄付が集まらないため、SSは活動をやめない」と断言する。その上で、「SSの行為はテロであり、対応できる法律が必要。SSを公海上でも逮捕できる海賊対処法の対象に加える改正なら早期に実現でき、国民の同意も得られるだろう」と法整備の必要性について語った。

新党 二枚看板協調カギ 邦夫氏・鴻池氏見送り(産経新聞)
「規制改革庁」創設を=経済同友会が提言(時事通信)
原中氏当選、民主は歓迎=自民、参院選への影響懸念-日医会長選(時事通信)
普天間移設 仲井真沖縄知事と平野長官が会談…東京都内で(毎日新聞)
元次官宅連続襲撃 小泉被告に死刑 さいたま地裁判決(毎日新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。