--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.0202:24

日比野武

日比野 武(ひびの たけし、1920年4月22日 - 1975年9月16日)は、愛知県出身の元プロ野球選手。 右投右打で、ポジションは捕手。来歴・人物東邦商業学校出身。1939年に阪急軍へ入団し、正捕手として40年代の阪急を支えた。 1950年に新設された西日本パイレーツに宇高勲が阪急から選手を引き抜き日比野も移籍となった。翌年チームが合併の際に『リーグ選手保有権』を楯にして一時巨人が引き抜いたものの,後に宇高の働きかけによって西鉄ライオンズに移り正捕手として活躍。 その後、和田博実の台頭で出場機会が減り、1959年に引退となった。1958年の日本シリーズでは第4戦途中から和田に代わって残り試合のほとんどを守った。これ以後稲尾和久のピッチングが劇的に良くなり、3連敗後の4連勝という奇跡の大逆転の布石となったといわれている。引退した翌年からは西鉄のコーチに就任。1975年に亡くなった。南海ホークスの野村克也がささやき戦術を使うようになったのは、日比野を参考にしたからである。背番号12 (1939年?1942年、1951年?1959年)1 (1946年?1948年)2 (1949年)26 (1950年)50 (1960年?1961年)年度別打撃成績タイトル・表彰オールスターゲーム出場:2回(1955年、1956年)通算1000試合出場 1953年4月2日(14人目)関連項目愛知県出身の人物一覧オリックス・ブルーウェーブの選手一覧西日本パイレーツの選手一覧埼玉西武ライオンズの選手一覧 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%AF%94%E9%87%8E%E6%AD%A6」より作成カテゴリ: 日本の野球選手 | オリックス・ブルーウェーブ及びその前身球団の選手 | 西日本パイレーツの選手 | 埼玉西武ライオンズ及びその前身球団の選手 | 愛知県出身の人物 | 1920年生 | 1975年没

タクシー走行中にコンビニ物色=銃刀法違反で運転手逮捕-神奈川県警(時事通信)
雑記帳 節分お水汲み祭りをPR 大阪・北新地の芸者さん(毎日新聞)
「坂の上の雲」英訳版刊行へ(産経新聞)
「北限のサル」公開初日に逃走=上野動物園から6時間半(時事通信)
殺人容疑で女を逮捕へ=来月初旬にも、41歳男性死亡-連続不審死・埼玉県警(時事通信)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。